発酵食品について「ワイン編」

「ワイン」の歴史と言うのは古いとされています。
そして、紀元前6000年ころには既にあったのではないかと言います。
そのあとエジプト、他の国に伝わるようになります。
そして、紀元前3000年頃くらいからワインとしての生産が始まったのではないかとされています。
そもそもワインは、神様へ捧げる飲み物としてあったそうです。
(笑顔)そのあとは生産量が徐々に増えていくようになりました。
地中海近辺でワインが生産されるようになります。
(笑顔)ワインも発酵食品の1つとして知られています。
料理のレシピにも結構登場するくらい人気があります。
そんな飲み物となっています。
(笑顔)ワインを使ったレシピは、たくさんありますよね。
(笑顔)『赤ワイン』これは、ブドウを発酵させた発酵食品となっています。
ブドウの皮や種に含まれている色々な成分が溶け出して全体で「ポリフェノール」と言う成分となっています。
このポリフェノールと言う成分も身体に良い成分と言います。
そして、「抗酸化作用」、「アンチエイジング」、「動脈硬化」、「脳血栓」、「心臓」に効果があると言います。
(笑顔)それに対して白ワインも発酵食品になります。
『白ワインン』ポリフェノールはそこまで多くないですね。
逆に酸性度が高い有機酸が含まれています。
このために殺菌作用が高いと言います。
ですから、魚、刺身を頂く時に白ワインの殺菌作用が食中毒、生臭さを消してくれると言います。
(笑顔)