住宅ローン借り換えで損をしないためには?

住宅ローンは数%という低金利のローンですが、借り入れている金額が大きいため、たった1.
0%の金利差でも、数百万円という大きな差が生まれてしまいます。
そのため、金利の高い住宅ローンを借り入れている場合は、もっと金利の低い他社の住宅ローンへ借り換えることをみなさん検討されますが、借り換えのやり方が悪いと逆に損をするケースもあるので注意しましょう。
住宅ローン借り換えで損をするケースとしては、借り換え先の金利と現在の金利の差が1%未満である、住宅ローンの返済期間が10年を切っている、住宅ローンの返済総額が1000万円以下である、等の理由があります。
これらの条件に当てはまっていた場合、借り換えによって得られる利益よりも、借り換えによって生じる手数料のほうが高くなってしまうことが多いため、金利が低い住宅ローンに借り換えても損をする結果になるのです。