公認会計士になるにはどうすればいい?

会計のスペシャリストである公認会計士。
略称はCPAで、CPAのライセンスを取るためには、国家試験に合格して2年ほどの業務補助と実技演習において定められた単位の取得を求められます。
そして修了考査を経てようやくライセンスを与えられます。
では具体的にどのような試験かというと、まず短答式試験という試験を受けます。
財務会計論や管理会計論、監査論、企業論で簿記や会計に関する数的知識を求められます。
これを合格すれば次に論文式試験を受けます。
これは、会計学や監査論、企業法・租税法に関する試験を解きます。
短答式試験に同じ科目もありここでは、より論述における会計の理論を解くことを求められます。
また経営・経済・民法・統計学の内1つを選択して、こちらも会計基礎問題を出題されます。
その後、業務補助と実技演習を経て、日本公認会計士協会の修了考査を受けます。
この考査は、会計士に本当に向いているかどうかのチェック試験であり、これを合格しなければライセンスは受け取れません。
内容は、会計理論や税に関する実務等あり、またコンピュータの理論を求める試験もでます。
以上より公認会計士になるには、多くの試験に合格して時間を多く費やすことでやっと慣れる職業です。